DD4e:雷鳴P:魔改造デルブLv24

2/17は雷鳴山から続いているキャンペーンでした。通算で63回目ぐらいっぽい。
今回はダンジョンデルブLv24を魔改造。ネタバレにはほぼならんと思います。

・PC達がレイヴンクィーンの窮地を救ってネンティア谷に戻ると、なんと谷は拝死教団の大侵攻を受けていた。何とかネンティア谷の危機的状況を脱したPC達は、より時間的にひっ迫したアサーラック討伐に赴く。アサーラックを倒して帰還したネンティア谷は依然として拝死教団との抗争を続けていた。っていうLv21~Lv23の流れです。
・ネンティア谷に帰ったPC達。恐怖の墓所で出会ったヴェクナ信者がフォールクレストを訪れており、墓所内での協力の見返りにアイ・オブ・ザ・ヴェクナを貰いうけるとの約束を果たしに来たよ、と。→本当に渡していいの?という悶着もありましたが、結局約束を守ってアーティファクトを渡す流れに。
・その後、拝死教団の本拠地に攻め入って、抗争終わらせようぜ!っていう判りやすいダンジョンアタックの流れ。
・LV22の頃の大規模技能チャレンジの際に、インディとイヨエアクンが敵勢力のかく乱を狙って本拠地に向かったら、情報収集が足りずに死亡、というイベントが発生していたので、それを踏まえての攻略という感じでした。
・遭遇開始したら問答無用で全員噴射攻撃を受ける&PC側の瞬間移動は強制的に終着地点固定(当然そこはトラップあり)という殺る気満々のトラップ仕掛けの1遭遇目。
・こっちは制約多い中でいろいろ工夫して敵を撃破。
・拝死教団大攻勢の旗振り役は、歴史が変わって死なないことになったアンデットドワーフのモーグリエン将軍、あとバロールも追加で!っていう力押し構成の2遭遇目。
・こっちはバロール動かすとやべーよ!ってんで状態異常→集中攻撃の流れで、ほとんど敵方に行動させないで撃破。バロールさんの自爆攻撃があんまりPC側にヒットせず、モーグリエンさんにクリティカルしたのがアレでしたね。*1

・シナリオネタとしては、ダンジョンデルブに拝死教団のアジトに突っ込むシナリオがあり、PC達も丁度Lv24になったんで魔改造しちゃえ!ってノリです。恐怖の墓所やった後だと多少理不尽なトラップ出しても可愛く思えるよね?ね?
・2遭遇目は敵の総HP量が2000近くあったんですが、息切れせずに倒されましたことよ。やー順調に強くなってますね。

そんな感じで、ちょっとだけアイレーのポケットディメンションの危機を演出して引きを作りつつ終了。
ダンジョン誌で面白いMAP見つけたんで使ってみたいんですが、展開はどうすっかなーと。

[*1]:自爆ダメージが 6d10 ぽっちとか温いから 10d10 に盛っておこうぜ → 敵だけクリティカル。

       

コメント

コメントする