DD5e:ウォーターディープの厄災2

4/14はD&D5版で表題タイトルのセッションでした。DMはG氏。

ウォーターディープの貧民街で起こった奇妙な疫病とそれに係る貴族のお話。
前回ちょっと貴族方面NPCの関連性とかが判りにくかったんですが、DMのすんばらしい努力のお陰でだいぶわかりやすかったです。
パーティは5人で、パラディン・モンク・ドルイドまでは普通なんですが、クレリック/ウォーロック(セレスチャル)とバード/ソーサラー(ディバイン)という変マルチの2名が色物枠。2人そろってヘリッシュリビュークとか面白かったです。

今後もウォーターディープでの冒険が続くとの事でなかなか楽しみです。

       

コメント

コメントする